雑穀米のオススメは?食材別のメリットをご紹介。

生活
スポンサーリンク

雑穀米のオススメは?食材別のメリットをご紹介。

現代人は、美味しいものがあまりに多すぎて過食の傾向になりがちですね。

皆さんは、自分の健康のことにどれくらい関心を持っていますか。

著者も偉そうなことは言えませんが、できるだけ食事で体調が良くならないか思考するタイプではあります。(笑)

きっかけは、花粉症などアレルギーで辛かったからです。でも随分良くなっています。

息子も遺伝なのか軽度のアトピーです。

息子を良くしたいと色々食事を考えました。

アトピーは、炎症によっては体調に影響します。

一番適したのは、和食でバランスよく食べることでした。

油を減らすと炎症が収まります。

しかし若いので運動の後はラーメンのドカ食いをします。

最近やっと油が体質に合わないとわかったようです。10年かかりました。

なかなか完全は無理です。いろいろなものに油が使われているためです。

でもやっと、未だ間に合うかと息子は考え始めました。

遅くはないですよね。

ということで、和食に切り替える為に雑穀米の効果を知りたくて調べました。

雑穀米となどんなもの?

雑穀米とは、色々な穀物が混ざっているお米のことです。

押麦や大豆、最近ではキヌアやチアシードなどが混ざった雑穀米も販売されています。

炊き方も、通常の白米を炊く工程に、雑穀を混ぜてたけばOK!とても簡単です。

スーパーのお米売り場近くにたくさんの種類が置いてあります。

思い立ったらすぐ始められますね!

販売されている雑穀は、使う分量を自分で調節できる大袋入りから1回分(2合~3合用)が個包装されている便利な商品など、さまざまな種類がありますので自分にあった商品を選べます。

気になる雑穀米のカロリーですが、実は白米とあまり変わらないです。

しかし雑穀米にすることによって食物繊維が豊富になり、栄養価も高くなるため健康的なダイエットには最適とよく言われます。

食物繊維は腸の働きを活発にし、ダイエットの天敵である便秘の解消やデトックスに役立ちます。

冷えても美味しいですし、彩りも鮮やかなので、お弁当やおにぎりにして持っていけます。

味も雑穀米に変えても違和感がないですし、クセがないので白米と変わらず美味しく食べられます。

何だかダイエットへのメリットが多いですね。

自分にあうか合わないかに関しては、本当に自分流を探していくしかないと思います。

既に何か症状がある方は、医師と相談しましょう。

 

雑穀米の起源

 

日本では、縄文時代の遺跡からヒエやオオムギの種が採取され、なんと紀元前3000年以上も前から栽培されていたことがわかっているそうです。古事記には「稲・粟・麦・小豆・大豆」が五穀とされ、古来から日本人の食生活になじみの深い穀物として愛されてきました。

引用元健康や美容にうれしい「雑穀レシピ」で、お料理のレパートリーを広げましょう♪ | キナリノ (kinarino.jp)

雑穀の種類別のメリットを紹介。

あまり意識していないと、白米、パンなどで糖質を食べてしまうものですが、穀物をグルテンフリーなものに変えるだけで、かなり摂取を控えることができます。

雑穀の効能は調べるともう虜になるものばかりですね。驚きです。

ダイエット中でも、おいしく健康に良いものを摂取したい!と考えている方に雑穀はオススメです。

以下は雑穀一個づつの説明です。画像の全てを記載はしていません。

ヒエ

ヒエは神経伝達物質の材料となるアミノ酸のトリプトファンが豊富です。

神経を落ち着かせる効果があります。

黒米、赤米

黒米と赤米は、ポリフェノールが入っていて高い抗酸化作用が期待できます。

料理に加えれば見た目にも楽しいだけではなく、健康効果も期待できます。

黒米赤米をタピオカの代わりにしたドリンクもできます。

はと麦

ハト麦は漢方成分「ヨクイニン」として知られます。

たんぱく質の含有率が約13%と豊富に含まれていて、美肌作用や利尿作用があります。

キヌア

quinoa

キヌア、チアシード、アサイーは、スーパーフードとして

若者から支持されています。SNSでも投稿数が2万アクセスあり

ダイエット食品として脚光を浴び今日に至ります。

タレントのローラさんが、食事に用いているのでも有名です。

キヌア100gあたり、食物繊維が6.2gも含まれており、ごぼうより多いのです。

食物繊維が豊富な野菜として便秘解消や、血糖値の急上昇を下げると研究結果が出ています。

チアシード

チアシードが奇跡のスーパーフードだと呼ばれるには理由は、これだけで完璧な栄養剤なのです。

炭水化物 42.1g 食物繊維 34.4g ナトリウム 16mg カルシウム 631mg マグネシウム 335mg

リン 860mg 鉄 7.7mg 亜鉛 4.6mg ビタミンA 16μg ビタミンE 0.5mg ビタミンB1 0.62mg

ビタミンB2 0.17mg ナイアシン 11.6mg 葉酸 49μg ビタミンC 2mg

雑穀米にキヌア、チアシードとあっても、ごく少量です。

できればこの雑穀だけのレシピもありますので、お試しください。

サラダや、スープなどオールマイティに使えます。

チアシードは水に浸けることで発芽のスイッチが入り発芽毒が安全な成分に変化し無毒化できます。

そしてチアシードを水に浸ける時間は12時間以上必要とも言われています。

そのため「チアシードは必ず12時間以上経ってから食べるようにしましょう。

アサイー

引用元フルッタフルッタ

アサイーは赤道直下の強い紫外線と強烈な雨といった過酷な環境で育つため、活性酸素と戦う抗酸化物質を蓄えます。その代表格がポリフェノールであり、ワインの様な深紫色がその多さを物語っています。


また鉄分やカルシウム、マグネシウムなどのミネラル類、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維、アミノ酸、α-リノレン酸(オメガ3)、オレイン酸(オメガ9)も含まれています。

アマランサス

他の雑穀類と比べ、ビタミンKが多く含まれていることで有名です。 ビタミンKは骨を強くする働きがあるとされ、骨粗しょう症の予防などに役立ちます。

骨を強くするためには、カルシウムやビタミンDだけでなく、このビタミンKも必要な栄養素です。

雑穀米を食生活に用いる方法

雑穀米は、白米では摂取できない栄養素がたくさん含まれています。

ビタミンやポリフェノール、ミネラルなどは摂取するだけで美肌やアンチエイジングにぴったりですね。

特にビタミンが多く含まれているため、肌荒れや肌のくすみにも期待できます。

食物繊維が多く含まれている点についても、美容や健康により一層の期待ができますね。

雑穀米の摂取のコツ。

 

1.毎日継続して食べる

雑穀米に含まれているビタミン類は水溶性のため、すぐに尿などとなって体外へ排出されてしまいます。

雑穀米を毎日継続して食べる事により、健康や美容効果も継続されていくので毎日食べる事が大切です。

2.主食としての量が抑えられる

雑穀米は白米と比べて、食べるときに噛む回数が増えるため満腹感を得やすいです。

そのため白米を食べる量に比べて少量で満腹感を得る事もできます。

その時は雑穀も減りますが、雑穀のみをおかずに出来るレシピを活用しましょう。

食卓を雑穀でビタミンいっぱいに出来ますよ。

もちろん、タンパク質など栄養バランスも大切です。

3、食事は出来れば和食がおすすめです。

食後の眠気や、体のかゆみ、血糖値、便秘と軽い症状でも気になる方は、

油分を当分を減らす食事が良いですよ。

しかしこれは、著者の体験で、お医者様と相談の上です。

メリットを知った上で用い方は、主治医と相談しましょう。

雑穀米でオールマイティーとは短絡すぎると思っています。

一週間のレシピで、7割を雑穀米を入れた和食に変えると主食が抑えられる

この満腹感には期待しましょう。

雑穀米のメリットや、雑穀それぞれの優れた植物の力を調べて色々発見がありました。

海外からのスーパーフードの調理の普及により、ローラさんのようなインフルエンサーに憧れ

多くの若い世代が健康に関心を持ってきたことは、凄いと感化されています。

雑穀米を取り入れた和食や、スーパーフードで洋食も楽しめるので、今の時代は便利ですね。

調べると食材を知るのは結構面白いと思いました。

是非、この機会に普段の食事に雑穀米を試してみます。

ダイエットに期待できるだけでなく、健康や美容にまで良い点が多い雑穀米。

簡単に始められ、何だか新食材に期待が高まります。

本日はお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク