浴槽の汚れの種類別の対処法を調査。掃除のアイテムや洗剤も紹介。

生活家事
スポンサーリンク

浴槽の汚れの種類別の対処法を調査。掃除のアイテムや洗剤も紹介。

お風呂掃除を毎日するのは、家事仕事とは言え本当に大変ですよね。

我が家は、3年前にお風呂をリフォームしました。

少し掃除をサボると、ゴムパッキンにはもう厄介な黒カビが生えました。

ゴムパッキン以外にはカビが発生しないので、それだけでも

助かりますが…

カビがどうしても取れなくなれば、ゴムパッキン事取替がきくので

ゴムパッキンとのにらめっこだと覚悟を決めています。

今の所クリアしております。

壁面や天井は、以前となら雲泥の差ですよ。

全く放っていてもカビは大丈夫です。

経年劣化のお風呂は、リフォームがおすすめです。

ところで3年立つと、浴槽と床の隅あたりに、もそろそろ垢がこびりつき出しました。

それなりに毎日お風呂洗剤で落としても、汚れは溜まっていきますよね。

黄ばみがでました。

でもこれは意外に掃除法を変えると取れるものだと学びました。

本日は、私が実践した水垢撃退法の体験を交えて紹介致します。

掃除道具のアイテムと、自宅で簡単に出来る洗剤も記載しています。

水垢とは?できる原因はこれ

お風呂だけでなく、キッチン周りや洗面所にもできる水垢って

擦ってもなかなか落ちないし、落ちてもすぐに出てきてしまいます。

どうして水垢が水周りにできてしまうのかというと、水道水に含まれているカルシウム等の

ミネラル成分が固まってしまうために発生します。

水分は蒸発してなくなってしまいますが、ミネラル成分はそのまま残るため

どんどん蓄積した結果、白い汚れとなってしまいます

風呂場の水道の蛇口に塩素除去の浄水器を付けてみるのもいいですね。

塩素が皮膚に影響する超過敏な方は特に、利用価値があるのではないでしょうか。

水垢汚れには2種類ある

垢は水垢以外にも湯垢というものがあります。

湯垢は主には皮脂汚れで酸性です。

イスや桶あるいは浴槽などにできることの多い、白くてヌルヌル(またはザラザラ)した汚れです。

水垢に石鹸カスや皮脂汚れが混ざってできたもので、お風呂特有の汚れで、

お風呂用洗剤である程度キレイになりますが、しっかり落とすには少々コツが必要です。

それぞれの汚れの性質、程度によって洗剤や道具を使い分けてお掃除します。

水垢のお掃除方法。

水垢の特徴を知った上でいよいよ実践法です。

水垢発生場所や汚れ具合によって方法を変えています。

まず風呂釜の内側と側面、ふちなどは比較的柔らかめでネットのついたスポンジに酸性のバスクリーナーをしみこませてお掃除しています。

これは毎日のお掃除で実践している方法です。

普通のバスクリーナーより酸性のバスクリーナーのほうが楽に汚れが落ちるため、

力を入れなくても水垢のザラザラが落ちているように思います。

水垢ヨゴレがひどいときはこれにプラスして私はクエン酸パックをしています。

普段のお掃除(酸性バスクリーナー)をした後にまだ水垢が残っているとき、

その上からクエン酸水を吹きかけてお掃除をすると綺麗になります!

クエン酸パックの方法ですが、水垢が気になる部分にクエン酸水を吹きかけて、

上からキッチンペーパーを貼り付けます。

液だれしてクエン酸水が流れてしまうのを防ぐために素早く貼り付けて下さい。

そしてもう一度、今度はキッチンペーパーの上からクエン酸水をスプレーして放置します。

放置する時間は長いほど汚れ落ちもよくなりますよ!

放置が終わったらキッチンペーパーを剥がして、

クエン酸でふやかした所をもう一度酸性クリーナー擦ってみてください。

汚れ具合に合わせて放置時間やクエン酸の量を増やすなどして、調整してみてくださいね!

クエン酸水の作り方。

クエン酸小さじ1/2杯に対し、水100mlの割合で混ぜる。

ちなみにこのクエン酸水ですが、消臭・除菌の効果もあるのでトイレの便器周りのお掃除にも大活躍です!

 

これには研磨する方法でお掃除しています。市販のクレンジング剤入りの研磨できるクリーニングペーパーでももちろんとっても綺麗になりますが、コスパを考えたらご自宅にある物でできた方が良いと思い、次の方法で実践する事にしました。

方法はとても簡単!研磨剤が入っている歯磨き粉で擦るだけ。水道の蛇口も鏡も少量の歯磨き粉を付けて、不要になった歯ブラシで気になるところを擦るだけです。

鏡の汚れが広範囲でひどいものなら、少し湿らせたタオルに歯磨き粉をつけて拭き掃除をすれば綺麗になりますよ!

これはキッチン周りのお掃除にも効果的です。

クエン酸水も歯磨き粉で磨くのも、水垢にはとっても効果的!お風呂を清潔に保つためにも、是非試してみてください!

湯垢のお掃除方法

湯垢は固く落ちにくい汚れで、既に溜まった汚れなので、洗顔の粒子を使ってかき出す方法が有効です。

そこで活躍するのが「重曹」。水に溶けにくい性質があるので、粒が残って汚れを押し出してくれます。

もちろん、はじめから研磨剤が入った洗剤「クレンザー」を使うのでもOKです。

お風呂の湯垢はおうちにある重曹で落とせますよ。

重曹は何より安いので、それで効果がアップするのは驚きです。

1.普段使っている中性洗剤をスプレーし、2〜3分待って汚れをふやかす。

2.重曹を洗剤の上に粉のままたっぷりふりかけ、なじませる。

3.汚れに重曹が絡みつくようにスポンジやブラシでこする。

【柔らかい素材のスポンジやブラシにしてください】

4.再後は、お湯ですすいで完了です。

洗剤をかけた上に重曹をふりかけてこするだけと、作業自体はとても簡単です。

用意するもの

必須『バスマジックリン』などの中性洗剤。

重曹。 

スポンジブラシ。

ザラザラしたくすみ、黒ずみが落ち切らない場合

洗剤と重曹を使った掃除で殆どは取れます。

それでもザラザラしたくすみが落ち切らない場合があります。

その汚れは水道水のミネラル分が固まった水垢が黒ずんだものです。

重曹では落とせないので、もうひとつの掃除アイテムである「クエン酸」を活用しましょう。

キッチンペーパーでクエン酸パックをする

クエン酸小さじ1杯と水200mlを目安に混ぜてクエン酸水をつくります。

汚れにクエン酸水を浸したキッチンペーパーを貼り付けます。

2時間ほど放置して汚れがふやけるのを待ち

貼り付けていたキッチンペーパーでそのままこすって汚れを落とす。

汚れを流して完了。

まとめ

水垢取りは、カビに比べると厄介さは大したことはありません。

月1度の掃除で充分です。でも知らないで擦ると、大切なお風呂の土台に傷がつきます。

キズに汚れが入ると取れなくなります。

溜まった汚れにしないことも大事ですが、的を得た掃除にしましょう。

それからどうしても経年劣化は防ぎようが有りません。

しかし技術がものすごく進んで、本当に現在の風呂場はお掃除が楽です。

天井や、壁はほぼツルンとしていて、皮脂や石鹸汚れはあまりつかないです。

今回著者は、ゴムパッキンのカビ取りに加え、水垢、湯垢を取り除く事に成功しました。

汚れが目立つところがきれいになると嬉しいですね。

重曹とクエン酸は安いので常備しておくといいですよ。

本日は、お読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク