増田有華『元AKB』の現在を紹介!監督シリーズ2の江戸川ローマ役に挑んだ理由は?

あの人は今
スポンサーリンク

増田有華『元AKB』の現在を紹介!監督シリーズ2の江戸川ローマ役に挑んだ理由は?

増田有華の現況で最もセンセーショナルな事は、『全裸監督シリーズ2』に出演出来たことです。

20代前半でミュージカル『オズの魔法使い』のドロシー役を射止めたことは、その後の増田有華の人生を大きく変えました。

共演のISSA との恋愛スクープで文春砲を浴び、アイドルグループAKB48を卒業する事になりました。

元々かなり歌唱力では抜き出ていた増田でしたし、彼女自身も後にアイドルと言われる事が嫌いであった事を述べているように、グループの外の世界を望んでいたのかもしれませんね。

これを良い機会として、自己のオリジナルな表現手段を模索し、確実に歌に踊りに女優にと実力をつけていったと思います。

現在30歳になり、このようなオーデイションに何故挑戦をしたか今回は気になりますね。

この記事では増田有華『元AKB』の現在を紹介!監督シリーズ2の江戸川ローマ役に挑んだ理由は?

と題して記載しました。

増田有華が映画キャストのオーデイションに挑んだ理由

同作の大ファンで「こんなに涙が出て震えるほどやりたい仕事はない」とその熱い想いをマネージャーに直談判して同作のオーディションに参加した増田が、役を射止めた経緯ついてトーク 以下省略

引用元 オリコンニュース

増田は出演について「出演が決まった時は夢のようで本当に嬉しかったです。エネルギッシュな現場で、新しいことに挑戦する度に心が躍りました。楽しみです」とコメント。

引用元 シネマトゥデイ

増田有華は元々『全裸監督シリーズ』の大ファンだったようですね。

きっと次回作のオーデイション内容が発表になり、頭の中でゴングが鳴ったのでしょう。

江戸川ローマ役を始めから志願したかはわかりませんが、少なくともAV女優の一人を演じるという

挑戦を望んだわけです。

作品に惚れて参加したのか、自身でこのような役にあえて挑戦したかったのかはわかりませんが

肉感的な演技を必要とするので、勇気はいりますよね。

江戸川ローマ役は、村西監督のAVメーカーの人気AV女優という人物です。

増田有華出演のユーチューブはおすすめ。

こちらも映画同様に6月24日に公開です。

増田有華の意気込みがすべて詰まっています。伊原剛志さんも海野晃一役として作品に登場します。

6月24日(木)より全世界同時配信が予定されている待望のシーズン2公開に先駆け、伊原剛、江戸川ローマ役の増田有華と、総監督を務めた武正晴監督をゲストに招き、酒を飲みながら鼎談したそうです。

同作の大ファンで「こんなに涙が出て震えるほどやりたい仕事はない」とその熱い想いをマネージャーに直談判して同作のオーディションに参加した増田が、役を射止めた経緯ついてトーク。また、増田が武監督の何気ない一言で傷つき、日記に「武さんほんまに嫌い」と書き綴ったという衝撃エピソードなど裏話を披露している。そして、監督からのキツイ一言など

伊原剛 ユーチューブチャンネルより。

全裸監督シリーズ2のあらすじの予想。

山田孝之が主演を務めるNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督 シーズン2」の配信日が6月24日に決定。このたびシーズン2で完結することも明らかになった。

「全裸監督2」でも、前作に引き続き武正晴(たけ まさはる)が総監督を務めます。 驚くほど人間臭く、泥臭いキャラクターたちを、生々しくも魅力的に描いてきました。 武監督はアダルトビデオ屋の店員だったこともあり、黒木香の人気っぷりをリアルタイムで体感していたそうです。彼女が出演した『朝まで生テレビ!』を学生エキストラとして偶然観覧した際の印象などを脚本チームへ伝えたそうで、演出にも反映されました

キャストの情報。

公開されたメイキング映像では、村西を中心に三田村(柄本時生)、順子(伊藤沙莉)、ラグビー(後藤剛範)といったお馴染み“村西軍団”をはじめ、付き人の小向(渡辺大知)や経理担当の大場(MEGUMI)など新たなスタッフたちも登場。そして、前作で村西のピンチを救ったミューズである黒木香(森田望智)、新たなヒロインとなる乃木真梨子(恒松祐里)、そしてや奈緒子(冨手麻妙)、江戸川ローマ(増田有華)らダイヤモンド映像の専属女優たちが華やかに集結している。

この映画の主役のモデルはご存知、黒木香さんです。

村西監督との恋にすべてをかけていたのですが、その後自殺を図り未遂に終わったと騒がれましたが

本人、村西監督がきっぱり否定をされました。

心身ともに痛手を負い、若くして人生の大半を病床に伏しているとも噂されていますが、一切は不明です。

横浜国立大学卒の生粋のお嬢様で、西洋美術専攻の学生でした。

当時留学への資金稼ぎに、親に頼らずAV女優となりますが、すっかり本気でエロスに目覚めある哲学を持つようになります。

自己の美術の研究に活かしたという人物と聞いています。お母様が熱心なクリスチャンで母子家庭とい説もあります。映画では、AV女優である事をお母様が知り勘当となっていますね。

平成7年頃に芸能界でも一時期かなり目立ち、脇毛を惜しみなく見せる黒髪のタレントで笑いを誘いました。

喋るとバカをいっていましたが、中身は全く違ってインテリでした。

眞の姿は黒木の公演などに参加した人や、書物よりうかがい知ることは出来るということです。

変人と言えば変人ですが、本人は大真面目にエロスを追求していたとあります。

確かに本気度が怖い感じの性格だそうで、村西監督には重かったのでしょうか。

しかし監督との恋の末が痛ましすぎます。

まあ監督の人生も良く未だに生きているなと言う感じの壮絶な人生ですよね。

シーズン2の詳しいあらすじは2021年4月現在まだ明かされていませんが、村西とおると黒木香の関係は変わりはじめ、村西とおるが新たなヒロインに出会うことがわかっています。 村西とおるの経歴を見ると、新たに立ち上げたAVメーカーで一般のタレントを起用したビデオなどを数多く手がけますが、好調な時期は長く続かなかったようです。 前科7犯・抱えた負債は50億円という村西とおるの人生は、シーズン1ではまだまだ序の口。シーズン2でさらなる大波乱が描かれることでしょう!

引用元 シアター

スポンサーリンク

全裸監督公開前予告動画。

https://twitter.com/yuka_masuda/status/1386521164508397573

増田有華のプロフィール

引用元 増田有華(マスダ ユカ)ブログ

女優・タレント。

1991年8月3日生まれ、大阪府出身。162cm。B型。しし座。

アイドルグループ・AKB48の元メンバーで第2期生。

2011年5月、秋元才加、梅田彩佳、宮澤佐江らと共にダンスボーカルユニット・DiVAでデビュー。

2012年9月、宮本亜門演出ミュージカル『ウィズ~オズの魔法使い~』で主演を務める。

2013年1月、AKB48、DiVAを脱退。2017年4月、シングル「愛してたの」でソロデビュー。

ドラマ『リミット』に出演。

2014年『イタズラなKiss2〜Love In Okinawa』の出演。

2017年公開の『ひとりかくれんぼ 新劇場版』で映画初主演を果たす。

財団法人日本・ベトナム文化交流協会『JVCA文化交流親善大使』の初代大使。

まとめ

増田有華の現在を『監督シリーズ2』に絞り紹介しました。

増田は30歳までの10年、確実にすべての才能が開花していて歌の巧さが半端ないです。

女優としての活躍が20代後半は目立ちますが、流石に宮本亜門に見いだされただけあってマルチな

タレントの持ち主です。今後が楽しみです。

本日はありがとうございました。

スポンサーリンク