『角上魚類かくじょうぎょるい』の海鮮天丼の価格やその他の口コミをご紹介!

生活
スポンサーリンク

『角上魚類かくじょうぎょるい』の海鮮天丼の価格やその他の口コミをご紹介!

首都圏郊外と新潟など【1都6県】に全22店舗を展開する巨大魚チェーンの

『角上魚類かくじょうぎょるい』が今大変話題を呼んでいます。

お店の名前も【魚類】なんて面白そうですね。

このお店の【海鮮天丼】は月に5万食も売れると言うので更に驚きです。

いずれの店舗も地域密着型のため、エリア外の人は名前すら知らないという穴場です。

もし自宅から車で行けるなら、絶対に知っておきたいお店ですね。

全国展開ではありません。著者も訪れるには遠すぎて残念でたまりません。

それでは早速、海鮮天丼からご紹介致します。

海鮮天丼の価格と中身をご紹介。


『角上魚類』の弁当のなかでも最も売れているという

「海鮮天丼」627円(税込)

引用元食web

ダントツの人気は「海鮮天丼」です。

一店舗で月に5万3千食販売というから驚きです。

1日平均、約1500個以上製造、販売ということです。

揚げ物を自宅で出来ない人には本当に助かる一品です。

売上に換算すると3千万円です。

海鮮ものの天麩羅でこのコスパは、

テイクアウトの全国のレベルでみても

ありえないですよね。

では中身を見ていきます。

乗っている天ぷらはさつまいも、キス、あなご、海老、ピーマンなどの全6種。いずれも新鮮な魚類・野菜を採用している上、天ぷらを使った弁当にありがちなフニャフニャ感はありません。いずれもサクッとした衣と、素材の旨みを感じられる贅沢な味です。

引用元 食web

これだけ天ぷらを乗せてもらえれば

「たかがチェーン店のお弁当」と侮ることができません。

627円ですよ!

勿論、天麩羅のみ購入すれば

自宅でもっと安く食べられると言うことです。www

海鮮天丼の特徴

天ぷら専門店ようなサラッとした独自開発のタレを使用。

冷めても口当たり良く感じる米を使用。

150円で売っているえびフライと同じものを天丼にも使用。

大きなエビやその他の材料もこだわりが凄い。

一般的なスーパーや惣菜店よりも価格が安い。

以上。

この価格を抑える努力が実を結び、月に5万食も売れる店が増えていったわけですね。

スポンサーリンク

【角上魚類】の埼玉県川越店を紹介。

住所 〒350-1106
埼玉県川越市小室385-1
生鮮市場TOP川越店内
通常営業時間 ▼GW期間中の営業時間は下記になります。
4/29(木・祝)~5/5(水・祝)
9:00~20:00▼通常営業時間
9:00~20:00
TEL 049-247-8800

激安とかではないけど、広さが普通スーパー3倍くらいあってアガる。肉魚、惣菜、酒コーナー充実がすごい。特に魚は角上魚類さま、海鮮丼が小さいけどぎっちり。ピザめっちゃ売ってるし500円で安いからピザパしたい。ビニール袋が無料配布

引用元 どりーみいさんのツイッター

一匹丸々は、なかなか売ってないですね。 最近大宮にも角上魚類出来たし、埼玉便利です。 車があれば行動範囲が広がりますねヾ(*‘ω‘ )ノ

引用元 美穂さんのツイッター

お店がデカすぎて本当に引いちゃいますね。

これだけの駐車場完備の巨大食品館は、かなりの売上がないと続かないですよね。

食品館のほぼほぼ広範囲に角上魚類が入っています。

川越市民のお魚のお店としては、いや埼玉県民の日常にかなり不可欠と行った感じです。

他の店舗一覧はコチラからhttps://www.kakujoe.co.jp/shoplist.php#gunma

現在は、1都6県に店舗を展開しています。

各エリアの店は、絶大な人気を誇り、ある種のカリスマ的な支持もある人気チェーンとして

展開しています。

やはり皆さんの美味しい、安い、親切という口コミが人気の秘密ですね。

https://twitter.com/yoshirunpon/status/1127545348648361985

角上魚類の店長イチオシのオススメ弁当3選。

巨大チェーンでありながら「昔ながらの魚屋」に強くこだわりを見せています。

『角上魚類』は鮮魚の対面販売のほか、寿司、惣菜などが豊富です。

特に惣菜カテゴリーの中でも根強い人気があるのがお弁当です。

海鮮天丼はお弁当のほんの一部ですが、お弁当ベスト3に入っています。

その他の2つをご紹介。

実は最もお買い得の「銀ダラ西京焼き弁当」735円。

「牡蠣飯」411円。

イレギュラーではあるものの、時期ごとに異なる旬の素材も弁当に

取り入れるのが角上の流儀。

仕掛け人はこの人!佐藤さんの取材記事を紹介。

『角上魚類』業務部惣菜指導課・課長、佐藤光徳さん。角上魚類の本拠地・新潟県出身で、2001年に入社。会長から「好きにやれぇい」と言われて以来、角上魚類の惣菜を提案し続けているそうです

引用元 食web

佐藤課長が低価格の精神を支えているということでしょうね。

企業は、還元型の経営方針のところが強いと言います。

コロナ禍でテイクアウトの需要はうなぎのぼりです。

しかし中々コスパに見合う商品は少ないので、オススメのお店ですね。

以下のような言葉を聞くとお客目線が嬉しくなります。

「低価格は、惣菜や弁当ごとの利幅で調整しているんですよ。例えば、旬のホタルイカは、惣菜として303円で販売していますが、この価格でも十分利益が出ます。一方でえびフライや一部の弁当は利幅が少なく、正直値段を上げたいものも。でも、特に弁当の場合、千円近くの価格にはしたくない。そこで、前述のような利幅が多い惣菜とのバランスを調整しつつ、利幅が少ない弁当などをご提供しています」(佐藤課長)

引用元 食web

スポンサーリンク

角上魚類のオンラインストアをご紹介。

ここまで紹介してくると、オンラインストアが気になりました。

刺し身のオンラインストア等豊洲市場でも手掛けるお店は、当たり前の日本です。

まあ刺し身はさておいて、干物などがオススメですので情報を記載しました。

コチラから購入できます。https://kakujoe.net/

ちなみに著者は、ギフトにオンラインを使ってみました。

他人の反応は気がかりでしたが、結構喜びの連絡がきたのでお世辞抜きに

また利用したく思います。

本日は最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク